アナログな映像制作講座 カメラワーク パン

黒瀬 政男
動画撮影

スムーズにカメラをパンする方法を解説します。

パンは最初止めがあってパンを開始して最後に止めます。

早いテンポの編集ではパンの途中から使ったり、カットしたりという事がありますが、映像素材の撮影という観点から見ると基本はしっかり押さえておきましょう。

三脚を使う場合

  • パンし終わった方向にカメラを向ける
  • 1番らくになる姿勢でカメラを構える
  • 体をひねってパンし始める位置にカメラを向ける
  • 足は動かさないようにしてカメラを回します。
  • フィックスの絵を何秒間か撮ってからパンを始めます。
  • パンし終わったら、また何秒間かフィックスを撮ります。
  • パンし終わった位置で1番楽な姿勢になることがポイント
  • カメラを止めます。

手持ち撮影の場合は三脚を使う場合と同じです。

撮影の状況で基本と折りに撮れないこともあるかもしれませんが、できるだけ基本操作はしっかりと覚えましょう。

パンは最初止めがあってパンを開始して最後に止めます。
早いテンポの編集ではパンの途中から使ったり、カットしたりという事がありますが、映像素材の撮影という観点から見ると基本はしっかり押さえておきましょう。

三脚を使う場合

  • パンし終わった方向にカメラを向ける
  • 1番らくになる姿勢でカメラを構える
  • 体をひねってパンし始める位置にカメラを向ける
  • 足は動かさないようにしてカメラを回します。
  • フィックスの絵を何秒間か撮ってからパンを始めます。
  • パンし終わったら、また何秒間かフィックスを撮ります。
  • パンし終わった位置で1番楽な姿勢になることがポイント
  • カメラを止めます。 手持ち撮影の場合は三脚を使う場合と同じです。 撮影の状況で基本と折りに撮れないこともあるかもしれませんが、 できるだけ基本操作はしっかりと覚えましょう。